糸かけ曼荼羅作家・ゆらのブログ

糸かけ曼荼羅や日常のことなど・・・♪
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母と娘のはなし。

幼少
↑小学生の時の私。エルマーと竜、の竜かなぁ。


先日、ヒーリングセッションを受けて来ました。
そこで、特に印象的な発見があったので、記しておきます。

心理学でも、ヒーリング界隈でもよく言われることのひとつ。
「現在の問題の本当の原因は、こどもの頃に起きた家族との問題の中にある」ということ。

今、何か悩みのある方は、家族の仲もあまり良くない、って方も多いんじゃないでしょうか。
逆に、本当に幸せな人って、家族関係も良好だったり、特に家族間の問題がない、と思います。
家族は、本当の自分を一番よく映す鏡。自分に最も近い存在。
自分が本当に癒されれば、その証明として、家族との関係も改善する。指標にもなります。

自分にとって最も大きい影響を与えるのは、親、特に、母親ではないでしょうか。
こどもが幼い時の出来事ほど、今後に及ぼす影響が大きいと言われます。
乳児~幼児時代のこどもの教育を担うのは、主に母ですよね。
その時の親の言葉、行動、態度、エネルギーは、こどもの一生を通して変わらぬ原理・原則を形作ることも。
その刷り込みが、本人にとって望ましいものなら、良いのですが・・・
そうでない場合、その呪縛に一生苦しむことも、よくあります。



私も、もともと、親との関係はよくありませんでした。
喧嘩が絶えない、とか、家庭内暴力、はないんですが。
あったかい愛情に包まれた家族、ではなかった。(理想を求めすぎなだけかな?)
衣食住は満たしてくれたし、教育に必要なお金は出してくれた。けど、基本は放任主義。
悩み相談に乗るとか、心の触れ合いはなかったですね。
私も、そもそも「親に頼る」という選択肢を持っておらず、進路も全部自分で決めてきました。

昔は、父が大っ嫌いだったけど、
自分のヒーリングのプロセスが進んでいくにつれ、父のことは何とも思わなくなり。
(むしろ、父とは仲良く話せるくらい)
ここ数年は、もっぱら母に対して、モヤモヤが。


で、今クリアしたいものは、「母の支配」だな、と判ったので、冒頭のヒーリングセッションを受けて来ました。
そこで、「もともと私が持っているエネルギー(第3チャクラのパワー)の9割が、母のものになっている」ということが判明。
つまり、私は、自分の本来使うべきエネルギーの10%しか、使えていない。
しかも、かなり小さな頃からずっーと。。。衝撃的です。
アンパンマンも、顔の9割をあげちゃったら、さすがにズタボロですよね。
顔を替えられずそのままだとしたら、死なないのかなぁ。
そりゃあバランスを崩して当然。

そこで、自分のエネルギーを取り戻すために、意図でエネルギーの所有権を書き換えていきました。
その過程で昔の記憶が戻ってきて。
「おかーさんが、かわいそうだったから、パワーをあげた。
おかーさんがさみしそうだったから。
あげれば、さみしくなくなるかと思った。
おかーさんが、私のパワーが欲しいって言うから」

でも、その結果、私は、母に縛られ、エネルギーを失い、バランスを崩し、苦しみました。
パワーを得た母はどうなったか?
うちの母は起業してるんですが、確かに結構、事業拡大してる方なんです・・・
母の会社内の話などを聞いても、「・・・よくその経営方針で、成功するよなぁ・・・」と思っていたんですが。
(あれが、もしや自分のパワーのおかげだったのか!?と気づいた衝撃(笑))
でも、母は自信過剰で、他人の話を聞かず、ゴーイングマイウェイ。
破壊をいとわぬゴジラのように(笑)、パワーに物を言わせて突進していく印象。
もちろん、そのやり方で、問題が起こらぬはずもなく、家族内にも会社内にも色々抱えています。
でも、母は決して、そこに自分の責任があるとは思わないようで、問題から逃げたり、他人に渡したり。
全然幸せそうには、見えない。
小さいころの私が「さみしそう」と思った母とちっとも変わらない。
つまり、母も、パワーを欲して、受け取ったは良いものの、
器以上のパワーを扱いきれずに、バランスを崩していたんですね。

私は、振り返って考えると、「過剰に他人にあげてしまう」癖は昔からありました。
仕事でもそれが原因で、ボロボロに消耗し、辞めざるを得なくなったことも。
そして、この「奪う-奪われる関係」「支配する-される関係」のパターンは、決して一方向ではありません。
その片方があれば、もう片方も必ずあります。
私は、母に支配されながら、自分や他人を支配しようとするパターンももちろんありました。
きっと母も、他の誰かに常に支配されているのでしょう。

もう、誰にもあげない。もう、1㎜たりとも、私のパワーは渡さない。
私のパワーは、私が使うべくして、生まれ持ったもの。
母も、パワーを無理に得て、力で押し切るやり方を通すよりも、
きちんと目の前のさみしさ、課題と向き合った方が、本当に幸せになれたかもしれない。
幼い私は、母を助けているつもりで、
実は、母の欲望を助長し、扱いきれぬパワーを暴走させ、逃避の手段を与えていただけだったんですね。
もう、私は、同じことは繰り返さないぞ。


セッションを終えて・・・
まず、「姿勢が良くなった!」と言われました。
確かに猫背の癖があったんですが、ぴーんと背筋が伸び。(特にセッションで肉体は触ってないのに・(笑))
(他人を支配したり、パワーを奪ってる側の人は、逆に「ふんぞり返る姿勢」になるそうです。)
まぁ、確かに、パワーを10分の1しか使えてなかったら、ちっちゃくもなりますよね・・・
そして、身体も軽くなり。第3チャクラもピカーンとまぶしく光り。
今回の人生の目的も思い出しました。
私が創りたいと思ってたのは、皆が幸せに暮らす城下町みたい(*^^*)
そりゃ、パワーをいっぱい持たされてくるよ。


そして、体感したこと。
なぜ、幼少の家族との経験が、その後の繰り返すパターンの原因となるのか?、その理由は、

①こどもは固定観念や知識がなく、無意識の中で生きているから。
現在問題になっているパターンって、無意識に行ってしまう行動ですよね?
意識して止めようとしても止められないもの。
こどもは、基本的に無意識から行動するので、
こどもの頃の行動を知ることで、自分の無意識の行動・思考パターンを見つけることができる。

②家族=「身近な人」「大切な人」
現在問題になっていることは、基本的に「身近な人」もしくは「大切な人」との間に起こること、ですよね。
その二つを合わせ持つのが家族、なんです。
なので、あなたが、「身近な人」もしくは「大切な人」に対して、やってしまいがちな行動パターンは、
必ず、小さいころ、家族に対しても既にやっている、とも言えると思います。
もし、今、家族のことが嫌いだったとしても、何か原因となる出来事があったから嫌いになったわけであって、
本当は、とっても大好きで大切な人だったんです。
大好きだったはずの恋人とトラブルがあって、大っ嫌いになる・・・って日常でもよくあることですよね。
今回のことがあって、私も、あーお母さんのこと、本当は好きだったんだなって気づきました(笑)
そりゃ、大切じゃなけりゃ、そこまで身を削らないですよね。


今回の体験は、私に沢山の気づきと記憶と教訓をくれました。
セッション自体が数日前なので、パワーが10倍になったことで、現実的な変化がどう出てくるか?
今後観察してくのが楽しみですが♪

一番身近で、一番大切な家族との関係。
じっくりと見直してみることで、思ってもみないほど多くのギフトが受け取れるかもしれません。。。

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*―

2週間後です↓
ハロウィン3

ヒーリングイベントHalloween Healing Garden
10月23日(日) 12:00~18:00
Art Gallery Kaveru(東急東横線 「学芸大学」駅より徒歩3分)
​入場無料
詳しくは、こちら♪
スポンサーサイト
【 2016/10/10 】 内側の冒険 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。