糸かけ曼荼羅作家・ゆらのブログ

糸かけ曼荼羅や日常のことなど・・・♪
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナックスとチャクラ考

こいのぼり
年も明け、季節も変わり、だいぶお久しぶりになってしまいました~。
元気に生きております!

2月に、横浜から、実家の名古屋近郊に引っ越しました。
なので、東京方面でのワークショップはできなくなってますが、
6月に再び東京でのイベントに参加するので、ご希望の方はそちらでぜひ☆
代わりに、名古屋でのワークショップやイベント参加などもやっていきたいな~と考えてます(^^♪
イベントに向けて、曼荼羅作りも再開するところです~。

ナックス

この期間に他に何があったかな~と思い返してみると、
大泉洋が所属する演劇ユニット「TEAM NACS」にはまりました!(笑)
私は、俳優としてドラマなどで活躍する安田顕ちゃんファンの安田国民なんですが、全員好きです!
去年結成20周年を迎えた仲の良さにほのぼのと癒されております。。。
あと、真剣に役者としてお芝居をする姿と、
地元北海道ローカルで、いまだに若手芸人並みの体当たりの笑いをとっている振れ幅に脱帽したり。


チャクラ的にみると、とっても第2チャクラのグループだな~と。
もともと彼ら5人は、北海道の同じ大学の演劇研究部の仲良しグループなんですね。
バカ話をして、いつも一緒にいれば楽しかった、という。
今も彼らはよく爆笑してるけど、おなか(第2の場所)を抱えて笑う、楽しむ、というのが第2チャクラのキーワード。
共に楽しむ仲良しグループ、仲間ってのもそうですね。
あと、彼らは、全国的に活躍するようになっても、まだ活動の中心を北海道に置いているけど、
地元を大切にするってのもとっても第2的。
ナックス自体は、全国的な知名度はそんなに高くはないけど、ファンになると熱心な人が多いみたい。
浅く広く、じゃなく、深く狭く、な感じなんですね。
ファンのためのイベントも多く・・・そんな風に「内輪を大切にする」ってのも第2な感じ。
本当に自分たちを好きで、判ってくれる限られた人のために、自分を全部さらけ出しますよ、って感じ。
なので、本当に彼らのやってる笑いは、結構濃密で、コアです(笑)
安田顕ちゃんの得意技は、自由自在にオナラができる、だもんね。それで、ヘコイダーマンっていうイベントやってるし。
あ、あと、彼ら5人でローカルの冠番組出てる時も、かなりの自然体ですね~。
テレビ出てる人がこんなんでいいの!?ってくらいユルかったり、素だったり。
自然体、リラックスってのも、第2のキーワード。
第2チャクラは、サンスクリット語だと「自分の場所」って意味なので、好き嫌いに素直な本当の自分がいます。
あとは、メンバーに美食家が多いのも、第2の「心地よさ」ですね。


第3チャクラになると、内輪ではなく、他人の目を気にして、カッコつけるっていうのが出てきます。
より多数の支持を得るため、自分のイメージをキレイに保とうとする、本当の自分を抑えて無理をするとかね。
なので、全国放送に出てる時の彼らは、わりとマイルドですね~。
まぁ、うまくTPOとチャクラを使い分けてるな~と。


彼らのDVDや動画を見て、第2チャクラのエネルギーを吸収♪
あと、彼らは下ネタが好きだったり、リーダーの森崎さんは農業タレントでもあるので、第1もあるかな。
今、私は10年以上ぶりに親と同居してるので、第1と第2のエネルギー補給をしているのかもしれないです。
チャクラマット

今日気づいたのは、私がナックス好きな理由って、彼らはすごく人間だからだな~と。
テレビに出てる人気商売の人だけど、彼らはわりと自分たちを隠さないんですよね。
人間だから、弱かったり、カッコ悪かったり、見ようによってはきたないところも沢山ある。
だけど、彼らはそれを否定せず、認めて、ネタにして笑い飛ばす。
自分で自分を茶化して、爆笑する。
そんな人間臭さを肯定してるところが好きなんだな~と。
そゆところは、第1チャクラっぽいですね、すごく。

「臭い(くさい)」って、第1チャクラな感じするんですよね。
もともと第1を司る五感は、嗅覚だし。
ジビエとか、野生動物の肉は、基本はくさいです。すごくクセがある。
野草も苦かったり、美味しくない。
排泄物も臭いですよね。
血液は、感染源となりうるので、医療現場では素手で触ってはいけません。手袋必須。
第1は、あんまりきれいじゃない。
だけど、誰もがそれを持っていて、それがなきゃ生きていけない。
第1が人間の根本であり、人間の証拠かもしれない。
人間臭さをもっと楽しみたいですね~!

ま、そんな感じで。
今、当面の楽しみは、今週末のナックスのファンイベントのライブビューイングを見に行くことです☆
イベント素材

そんな、ナックスラブな近況でした(笑)
6/24のイベント詳細は、後日アップしますね~(*^-^*)
スポンサーサイト
【 2017/05/09 】 日常 | TB(-) | CM(0)

浴衣の夏♪

だいぶ涼しくなってきましたね~。
今日は、最後の夏を満喫するために、浴衣の着付けレッスンに行って来ました♪
お友達のRudyさんの「魔女のお洒落レッスン~日本の夏編~」です。

私は、あまり和モノに興味や縁もなく・・・・・
最後に浴衣着たのは、10年前??
一張羅の浴衣も、今の私には合わないなーって感じだったので、
Rudyさんのステキな浴衣をお借りしました。

浴衣・お直し
Rudy先生に帯を直してもらってるところ☆

私的には、「美容院で着せてもらうもの」だった浴衣。
事前にちらりと着付けをネットで調べてみたものの、「????」だったし
(まず、浴衣の部分の名前が覚えられない)
友達は、「3日特訓すればひとりで着られる!」って言ってたし。
えー本当にひとりで着られるの?まぁ、着せてもらえるだけでもうれしいな(*^^*)

って半信半疑だったんですが。
Rudyさんのご指導のおかげで、ひとりで着られました!!
得意げな私(笑)
浴衣ふたり

っていうか、予想よりは全然簡単。
「なんだ、意外とできるんだ」って体験させてもらえてよかったなぁ、と。
何より、「さくさくできるんだよ」という先生のエネルギーのおすそ分けを頂くことは、
「自分でもできる」と信じる力になります。

そー言えば、昔の恩師が
「一度見たことあることは、ひとりでもできるけど、全く見たこともないことは難しい」って言ってたなー。

浴衣を着た後は、夏祭りへGO!
出店でにぎやかな神社でお参りしたり。
屋台

かっこいい御神輿を見たり。
御神輿

盆踊りも見れちゃった!
盆踊り

何より、妙齢の浴衣女子4人で街をぷらぷらするの楽しいですね~(´▽`*)
晴れ着が嬉しすぎて、おねーさま方に、プリクラもお付き合い頂きました☆
プリクラも相当久々だったけど・・・あの、機械に選択を急かされる感じ(笑)なつかしかったー♪

今日1日で、日本の夏を堪能しました~♪
手書き絵付きの丁寧な資料も頂いたので、
着付けを忘れないうちにもう一度くらい着たいなぁ。
浴衣プリント

次は、フォーマルな着物の着付けレッスンがあるかも???
Rudyさんのお洒落講座に注目ですっ(*^^)v


そして☆
またブログにも書きますが、
今秋、「Halloween Healing Garden」というイベントに出展します~♪
ぜひ、キラキラ☆糸かけ曼荼羅を見に来てください(*'ω'*)
【 2016/09/05 】 日常 | TB(-) | CM(0)

若冲展に行ってきました♪

今日は東京都美術館で開催中の若冲展に行ってきました。
平日だし・・・と思ってたのに、三時間弱待ちの長蛇の列( ゚Д゚)
一緒に行った母たちが遠方から上京してたのでなければ、完全に諦めてました。
ファストパスないから、ディズニーより待ったよ~。
若冲展

でもでも。
若冲展初めてだったけど、本当に行ってよかった!
ハートがぽわんとあったかくなりました(´ω`*)

若冲さんとは、共通点があったのだと思います。
ひとつは、私はこどもの頃、家で鶏を飼っていて、鶏好きだということ。
もうひとつは、最近、マンダラ撮影のロケハンのために、外に出る度に、道端のお花を探して歩いてるんですが、
そうやって、初めて気づいた、身近な自然の美への感動。
鳥クラスタ&自然大好きな若冲ちゃんとは、シンパシー☆だったんでしょうね~。

どれも素敵で大好きでしたが、
私が特に気になったのは、象と鯨図屏風↓。そして、石峰寺図でした。
象鯨図屏風

鶏夫婦の絵も好きでしたー♪
ひよこふわふわ(*^^*)
鶏夫婦

若冲の絵は、どこかユーモラスなのが多くて、「かわいいなぁ♪」を込めて描いてたんだろうと。
若冲ちゃんの愛情たっぷりなのが素敵。
伝わってきて、こっちもきゅーん♪となる。
細部まで見通す観察眼も、愛情ゆえだろうな~。
本当にこの子たちが好きなんだね・・・

あとは、定番、自然の美。
動植綵絵の四季折々の自然と動物。
見てると、その空間にいるような感覚があって、美術館で日本の四季を楽しんできた感じになりました。

そして、自然への畏敬の念や、感動がこもってるなぁと。
だからこそ、自分が感じ取った自然の美しさや大きさ、純粋なエネルギーをありのままに描く。
強いものは強く。美しいものは美しく。やわらかいものはやわらかく。繊細なものは繊細に。優雅なものは優雅に。
なるべく、自分のフィルターを通さずに、ありのまま。
きっと、その挑戦を続けてたんだろうなーと。

私もきれいな自然を見たときに、感動して、どうにかこれを残したい、と思うけど。
写真に撮っても、私の見た色そのものは決して出ない。
写真より実物の方が絶対にきれいだから、と、
自分の中にインプットこそすれ、アウトプットは諦めていたんだけど。
若冲は、それに果敢に挑戦して、成し遂げてる。
すごいなぁと。
いつか、私も自然の景色を表現できたらいいなぁと思いました。

まぁ、でも、受け取ったものを、自然のまま、ありのまま、自分の中のもやもやを通さず表現する、という点では、
レイキもヒーリングも、糸かけマンダラも同じことで。
若冲さんみたく、300年も色鮮やかな作品が残ることは、耐久性の点からむりだとは思うけど(笑)
私も、人のこころに残る作品を作っていきたいなぁと気持ちを新たにしました。

若冲展は、5/24までなので、気になってる方はぜひ♪
混雑具合を調べてから行った方がいいかもです…(笑)

ブログ4

Thready Crownの本サイトも、ちょこちょこ手直ししています。
ギャラリーでは、6種類の作品たちが、若冲の絵のように、お花や葉っぱを伴って
きらきらしてるので、よかったら見てください(^^)
【 2016/05/11 】 日常 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。